img

監査規律

業界は、国境、提携、ビジネスモデルをまたぐ共通の安全基準を必要としています。 IOSAはそのベンチマークです。

– ジョバンニ・ビシグナリ、IATAディレクター兼CEO

IATAは、2003年に最初の国際的に認められた監査基準としてIOSAプログラムを開始し、現在「ベンチマーク」監査プログラムとして認識されています。 mbaは、2004年にIATAから監査機関(AO)としての認定を受け、今日でもこの名誉を守るには世界で6社のうちの1社に過ぎません。 AOとして、mbaは航空業界で長年のエグゼクティブレベルの経験を持つ優秀な監査チームを築いてきました。 各監査者は、IOSA監査トレーニング(IAT)プログラムを通じて現在のトレーニングを完了し、維持しています。

「ベンチマーク」監査プログラムとして、IOSAは運航管理と制御システムを評価し、航空会社の安全性を認証します。

This post is also available in: English (英語) 한국어 (韓国語)