img

AerCap、好調な四半期決算を発表


ダブリンを拠点とする航空機リース会社AerCapは、2019年第1四半期の業績について報告しました。 リース収入は11億6,000万ドルを超え、前年同期比で4%増加しました。 純利益は、前年同期の2億6,500万ドルから2億3,400万ドルへとわずかに減少しました。

今四半期のハイライトには、将来の契約リース収益400億ドル以上が含まれます。 AerCapは、その艦隊利用率99.2%を誇りに思っています。 同社のポートフォリオは、平均年齢6.2歳の航空機1,400機で構成されています。

ソース:AerCap

Share:

This post is also available in: English (英語) 한국어 (韓国語)